スキンケアのポイント|化粧水でアトピーを優しく包む|低刺激だから安心

化粧水でアトピーを優しく包む|低刺激だから安心

女の人

スキンケアのポイント

鏡を持つ婦人

バリア機能を高める

敏感肌の人は、肌のバリア機能が低下しています。医学的に「敏感肌」というカテゴリーはありません。化粧品を使ったときに荒れたり、衣類が触れたときにピリピリしたり、普通の人より外部刺激に反応しやすい状態を「敏感肌」と一般的には呼ぶようです。もともとの体質・ストレス・食生活など原因は様々ですが、共通点は肌のバリア機能が低下していることです。バリア機能の低下により、刺激に過敏になっていると考えられます。敏感肌のスキンケアのポイントは、保湿ケアで肌のバリア機能を高めることです。化粧水で水分と保湿成分を補い、乳液で油分を補給します。水分・保湿成分・油分をバランスよく補うと、角層の状態が整い、バリア機能がアップします。バリア機能が高まると、肌トラブルを起こしにくくなります。

自分に合う化粧品を選ぶ

敏感肌の人は、自分に合った化粧品選びで困ることが多いかもしれません。化粧品を使って、ピリピリしたり赤くなったりしたときは、使用をやめるべきです。ただ、きちんと保湿ケアができれば、肌のバリア機能が高まり、敏感肌の症状も和らぎます。自分に合った保湿アイテムを探しましょう。化粧品の成分表示は、自分に合うアイテム選びの手がかりになります。化粧品の全成分を表示することが法律で定められています。成分表示は、パッケージや容器の裏に記載されています。すべての成分が表示されているため、過去に肌トラブルの原因になった成分を避けることができます。成分表示は一見難しそうですが、配合量の多い順に記載されているので、1〜2行目を見るだけでも、十分な情報を得ることができます。